プロトコル(臨床研究計画書)

  • Home
  • プロトコル(臨床研究計画書)
承認番号:HG2020-018

最終承認日:2020年8月31日

課題名:Stage II/III 胃がん治癒切除後S-1術後補助化学療法におけるNF-κBおよびJNKタンパクの効果予測因子としての有用性についての研究(NJバイオマーカー研究)

研究代表者:西塚 哲

研究状況:進行中

症例リクルート:完了

オプトアウト:あり

ドキュメント:研究計画書_Ver12.pdf, 情報公開文書_HG2020-018.pdf

承認番号:HG2019-030

最終承認日:2020年5月28日

課題名:膀胱癌の診断および再発における血中・尿中遊離DNA中の変異遺伝子モニタリングの臨床的妥当性に関する検討

研究代表者:阿部 正和(岩手医大)

研究状況:進行中

症例リクルート:進行中

オプトアウト:なし

ドキュメント:Ver.2.1_研究計画書膀胱癌cfDNA検出_2020428_ma.pdf, Ver.2.1_膀胱癌研究説明書同意書_2020428_ma.pdf

承認番号:H28-85(一般)

最終承認日:2020年4月17日

課題名:変異遺伝子のモニタリングによる大腸癌術後の微少転移及び再発の新たな評価法の検証

研究代表者:八重樫 瑞典(岩手医大)

研究状況:進行中

症例リクルート:進行中

オプトアウト:あり

ドキュメント:研究計画書_ver1.54_03272020.pdf, H28-85_HGH28-15_同意書_v1.54_03272020.pdf

承認番号:HG2019-003

最終承認日:2020年4月17日

課題名:腫瘍中変異遺伝子由来血中循環DNAによる腫瘍再発モニタリングに関する観察研究

(Monitoring Recurrence of Individual Tumor by Serial Observation of Known Gene Alterations: MORIOKA study)

研究代表者:西塚 哲(岩手医大)

研究状況:進行中

症例リクルート:進行中

オプトアウト:あり

ドキュメント:HG2019-003_研究計画書_ver3.2_03242020.pdf, HG2019-003_患者説明書・同意書_ver3.2_03242020.pdf

承認番号:HGH28-13

最終承認日:2019年12月3日

課題名:人工知能を用いた情報解析による個別化医療開発研究

研究代表者:西塚 哲(岩手医大)、宮野 悟(東京大学)

研究状況:進行中

症例リクルート:進行中

オプトアウト:なし

ドキュメント:HGH28-13_説明書_09212019.pdf, HGH28-13_倫理申請書_09212019.pdf

承認番号:HGH28-14

最終承認日:2019年12月3日

課題名: 個別化医療開発のための稀少腫瘍・難治性腫瘍・小児悪性腫瘍の遺伝子解析研究

研究代表者:西塚 哲(岩手医大)、古川洋一(東京大学)

研究状況: 進行中

症例リクルート: 進行中

オプトアウト: あり

ドキュメント:HGH28-14_説明書_09212019.pdf, HGH28-14_倫理申請書_09212019.pdf

承認番号:HGH28-15(ゲノム)

最終承認日:2020年4月17日

課題名:変異遺伝子のモニタリングによる大腸癌術後の微少転移及び再発の新たな評価法の検証

研究代表者:八重樫 瑞典(岩手医大)

研究状況:進行中

症例リクルート:進行中

オプトアウト:あり

ドキュメント:研究計画書_ver1.54_03272020.pdf, H28-85_HGH28-15_同意書_v1.54_03272020.pdf

承認番号:HGH28-16

最終承認日:2020年4月17日

課題名:胃癌由来循環腫瘍DNAモニタリングによる転移・再発の検証

研究代表者:西塚 哲

研究状況:進行中

症例リクルート:完了

オプトアウト:あり

ドキュメント:HGH28-16_計画書_v2.0.pdf, HGH28-16_同意書_v2.0.pdf

承認番号:MH2018-019

最終承認日:2019年12月3日

課題名:ヘリコバクター・ピロリ菌感染のヒト健康に対する有益性に関する研究(J-MICC Study大幸地区データに基づく解析)

研究代表者:西塚 哲

研究状況:進行中

症例リクルート:完了

オプトアウト:なし

ドキュメント:MH2018-019_計画書_v1.1.pdf

承認番号:H24-132

最終承認日:2013年6月11日

課題名:Stage II/III 胃がん治癒切除後S-1術後補助化学療法におけるNF-κBおよびJNKタンパクの効果予測因子としての有用性についての研究(NJバイオマーカー研究)

研究代表者:西塚 哲

研究状況:終了

症例リクルート:完了

オプトアウト:あり

ドキュメント:Protocol_NJBiomarkerResearch_sn_08232016.pdf