Nishizuka Lab

岩手医科大学 医歯薬総合研究所 医療開発研究部門

臨床情報に関する情報公開(オプトアウト)

岩手医大医歯薬総合研究所医療開発研究部門の研究者が研究代表者(主任研究者)である臨床研究はすべて口頭もしくは文書にて参加者の同意を得て行われています。研究の進展とともに、過去に集められた情報や生体試料を用いて、当初予定していた研究以外の研究を進める必要性が生じることがあります。このような場合は、国が定める指針に基づき、新たな研究の目的を含む情報公開を行うことで情報・試料提供者の皆さんから情報・試料使用の中止をお申し出いただく機会が設けられます。当部門で情報公開を行っている臨床研究は下記の通りです。なお、ご提供いただいた段階で匿名化(個人情報が分からない状態にする)された情報・試料に関しては対応できないことを予めご了承ください。

変異遺伝子のモニタリングによる大腸癌術後の微少転移及び再発の新たな評価法の検証(HGH28-15(ゲノム))

胃癌由来循環腫瘍DNAモニタリングによる転移・再発の検証(HGH28-16)

腫瘍中変異遺伝子由来血中循環DNAによる腫瘍再発モニタリングに関する観察研究:MORIOKA study(HG2019-003)

webサイト最終更新日 : 2020/09/14